【2歳】トイトレ完了!トイレを嫌がるようになってから完了するまでの話

育児

以前、挫折している記事を書きました。

挫折から1年以上経過して、さすがにトイトレは完了しました。(でもたまに漏らします笑)

あれから、トイレに座れるようになりその後赤さん返りで足踏み。
そしてまた復活!最後の難関うんちを突破しトイトレが完了するまでをまとめました。

前回までのあらすじ

とにかく家のトイレに座れなくなりました。

外のトイレは大丈夫だけど我が家のトイレだけは拒否するんですよ。

それまでにやってみた対策

  • 補助便座を替える→わーいぷーしゃん!!しかし座らない。
  • トイレに子供が好きなものを置いてみる→便座が空いているとぬいぐるみを座らせるようになる。
  • トイレスタンプを取り除く→便器の中を覗き込めるようになる。
  • 親がする時に膝の上に乗せてみる→膝の上は平気。でも直接座るのはお断り!

とりあえずこれだけして、諦めて放置をしよう・・というところまで書きました。

仮設おまるを設置

なんといっても我が家の便器が大嫌い!
無理やり乗せると身体をピーンっと伸ばして全身全霊で拒否するわけですよ…

放置しようと決めたのですが、せっかくオムツの外でおしっこができるようになったのにまたオムツでさせるのはやっぱり嫌でした。

さて、前回補助便座を買い足しちゃったぞ。
おまるしかないのはわかっているがおまるを買い足すのは嫌だ……っ!

とまあ色々悩んで、家にあるバケツに補助便座を乗せて仮設おまるを作ってみました

フローリングにプラスチックのバケツはめちゃくちゃ滑るので、底に滑り止めを貼ります。
カーペット用の滑り止めが余っていたので小さく切って貼りました。

考えた作戦は、おまるでオムツの外でおトイレをする習慣を続けつつ、便器が主役の絵本を読んで便器への苦手意識を拭うというものです。

この時購入した絵本はおトイレさん。
ダジャレ好きのおトイレさんがお散歩中に出会った動物たちにおトイレを使わせてあげるお話です。

おトイレさん
きたがわ めぐみ/教育画劇

Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング セブンネット

このおトイレさんの顔を段ボールに書き、バケツに100均のトイレ用防臭シールを貼って名前を書いてあげたら大喜び!

実家から野沢菜が送られて来たときの邪魔になってた発泡スチロールの箱を改造してトイレットペーパーも完備。
ごほうびシールもありますよ!!

ソファーと棚に囲まれて半個室風な空間になりました。
ここは長女専用の特別なおトイレだよって毎日のように言っていたら、そのうちここでおしっこするとか言い出して…!

やった!やりましたー!\(^o^)/

挫折から丸1ヶ月!ついにおまるでやりました!
久しぶりにオムツの外でした時は本当に嬉しかったです。
心の底から誉めまくったらその後も仮設おまるでしてくれるようになりました。

おまる→トイレへステップアップ

これは特に何もしてないんですが、どっちでしてもいいんだよという事は伝えていました
とりあえずおまるでできているので放っておきました。

そしたらある日突然、本当に突然、トイレでするーとか言い出したんです。

以降は気が向いた方でしていました。

でもやっぱりトイレの方が落ち着くんでしょうね。自然とおまるではやらなくなりました

ある日片付けちゃいましたが、特に何も言いませんでしたよ。

やっぱりあるよね!赤ちゃん返り!

おまる設置からトイレまでは順調に戻り、これで挫折前の状態に戻ったぞ!と安心しました。
そこで次女出産!産後3週間ほどは普通でしたが、いよいよ来ました!赤ちゃん返り!

赤ちゃん返り中はトイレに行きたくても教えてくれなくなりました。
いいタイミングでトイレに座らせてあげればおトイレでします。

まぁようは「察して連れてって」って事ですね。赤ちゃん返り中はきっとかまってほしいと思っているんです。

なので気に掛けてあげたり、トイトレ初期のように時間でトイレに連れて行ってあげるようにしました。
おもらしはするものだと思ってあまり気にせずに乗り切りました。

この期間は1ヶ月も続かなかったと思います。

うんちをトイレでする!

便器嫌いを克服し、赤ちゃん返りを乗り越え、やっと挫折前の状態に戻ったのが挫折から4ヶ月後でした。
まだおもらしもしますし、うんちはパンツの中でします。

おもらしはまぁいいとして、うんちが問題でした。
リビング横の部屋の隅で、ひとりでするのがいいらしいのです。
ちなみにそこに人がいるとキッチンや寝室などに隠れます。

する時は「バイバイ!」と突然言ってきます。ようは「ひとりになりたいからあっち行け」という事です(笑)

なのでバイバイ!と言い出したタイミングでおトイレに誘ってみるのですが、嫌がります。
子供なりのこだわりのようです。>部屋の隅でパンツにうんち

これ、結構悩みました。
多分うんちはトイレでした方がいいという事もわかっていてその上で、それでも私は部屋の隅でパンツにするの!!!という強い意志が見えました。
そのため声をかけてもダメ、無理やりトイレに座らせてもダメでした。

少し考えた末、パンツの中でしたくないと思わせればいいのかと思い付きました。

長女はイヤイヤ期中服やおむつの柄にこだわっていたので、買い物に出てパンツを自ら選ばせました。(今までは私が適当に安いのを購入してた)

選んだのはミニーちゃんの可愛いトレーニングパンツ!

履かせる時に「ミニーちゃんにうんちついたら可哀想だからおトイレでうんちしよーね!」と声をかけ、うんちをしようとしていたら「ミニーちゃんいいの?」と聞いてみました。

本当にそれだけで、トイレに行ってうんちしましたよ!
自分の意志でトイレに行きました。この頃はもう2歳半間近ですから、親の言う事も意味もちゃんと伝わるんですね。

うんちはすんなりおトイレでできるようになりました。

最後の仕上げ

いよいよ最後の仕上げです!
うんちができるようになって順調でしたが、まだまだお漏らしが多い!!

お漏らしというか、トイレでしてもパンツでしてもどっちでもいいという感じでした。
その時の気分でトイレに行ったりパンツにしたり。

もうパンツ洗うのも面倒になってきたので、家の中でパンツを履かせるのはやめました

ただ面倒になっただけでこれといって考えた行動ではないのですが、長女には効果てきめんでした。
おしっこが床に広がるのは長女的にナシだったようです(笑)

これだけであっさりお漏らしがなくなりました。

というわけで2歳半頃には起きている間はほぼ完ぺきにおトイレできるようになりました。
ちなみに現在3歳3ヶ月ですが、まだ夜寝る間はオムツです。
お友達は夜もパンツの子が多いんですけどね・・・。
どうしても寝る前にお茶か牛乳を一杯飲まないと気が済まないようで、そのせいですよね。

トイトレを振り返ってみて

我が家は1歳9ヶ月からトイレトレーニングを始めたわけですが、今になってみればそんなに早く始めなくてもよかったなぁ~って思っています。

始めた当初はゆっくりすすめれば~と思っていたはずなのに、いざトイレでできるようになってくるとお漏らしした時に「トイレでできるのになんで!?」って思ってしまったり、もっとできるはずだもっともっとって焦ってしまったり・・結局挫折中も放置しきれなかったりと振り返ればトイトレにかなりの熱を注いだように思います。

でも2歳を過ぎてくれば言葉も増えてきて意志疎通もできるし、2歳半にはこちらの話もほとんど通じます。言う事も聞くようになります。
その頃始めたらもっと楽にすんなり外れたんじゃないかと思うんです。

だって今になってトイレのプニプニ(トイレスタンプ)が嫌だったって言うんですよ!
本人覚えてるんですよ!
この一言が聞ければあんなに悩んだり仮説おまるを設置したりする必要もなかったかもしれませんよね・・・(;¬_¬)

次女は焦らず2歳過ぎてから始めます。

コメント

新着記事

カテゴリー

タグクラウド

Twitter

Facebookページ