【生後1ヵ月】RSウイルス肺炎で入院しました…。

育児

4月中ごろ、1ヵ月の次女が38.5℃の高熱で緊急入院しました。
血液検査の結果、RSウイルス肺炎でした。

ちょっと調べてみたら乳幼児期に注意が必要な割とメジャーなウイルスでした。
皆さんはご存じでしたか?

病院のベット…

とにかく入院しました

ある日、長女は保育園の日。
今日は次女ちゃんよく寝てくれて助かるわーなんつって午前中いつもより念入りに家事をこなし、まったりコーヒーブレイクなんかしちゃったりして、そろそろ授乳しなくちゃと思い次女を抱っこすると…

…なんか熱い…( ;∀;)

あばばばば((((;゜Д゜)))
乳児の突然の高熱にテンパる私。

まずは熱を測ってみると38.5℃。
よく寝てたんじゃなくてグッタリしてたのね…。

この時は正午過ぎで午前中の診察は終わっていたので午後の診察受付開始時間すぐに行くことにしました。

子供は寝てばかり、午後の診察まではまだ時間がある。
心配でそわそわしてどうしようもないのでネットで「生後1カ月高熱」的なキーワードで検索。
そこで初めて目にした「入院」の文字。

月齢の低い乳児は38℃以上の高熱があれば無条件で入院して様子を見る」といった情報が多数。

あばばばば((((;゜Д゜)))予想外の単語にテンパる私。
とはいえ近所の内科は時間外なので、まずは帰ってすぐ食べれるように晩ごはんを作りました。

15時前に近所の内科へ行ってみると…混んでるんですよね。
この頃には呼吸をする度に胸の辺りがザラザラというかバリバリというか変な音がしていました。

おそらく気管支炎か肺炎にはなっているので総合病院で検査してもらいましょう、との事でそのまま紹介状をもらってタクシーで総合病院へ移動。

移動先の病院では検査する前に入院を告げられました
事前にネットで調べた通り、月齢の低い乳児が高熱を出した場合は1週間ほど入院して様子を見るそうです。
母親からの免疫があるはずの生後半年までの乳児は、ただの風邪ごときでは発熱しないんだそうですよ。

結局、血液検査、レントゲン撮影の結果、RSウイルスと細菌による肺炎だと診断されました。

RSウイルスとは?どんな症状?

RSウイルス感染症(respiratory syncytial virus infection)は、RSウイルスの感染による呼吸器の感染症です。
何度も感染と発病を繰り返しますが、2歳までにほぼ100%の児がRSウイルスに少なくとも1度は感染するとされています。
小学生以上の児童や成人が感染した場合は、風邪程度の症状で終わる事が多いが、まれに気管支炎や肺炎など重症化することもあるそうな。

今年の患者報告数は約2倍になっており、厚生労働省も注意を呼びかけているそうです。
秋から冬にかけて流行するそうで、4月にもらってきた我が家は流行に乗り遅れたといったところでしょうか(^_^;)

特に乳児は重症化しやすく注意が必要なんだそうです。
ははは…入院して初めて知りましたよ…。まんまと重症化したわけですね。

今思えば長女が…

実は次女が入院する前の週、長女が風邪をひき39度前後の高熱が5日間続きました。
2度ほど病院へ行きましたがインフルエンザは陰性で、解熱剤と風邪の症状を緩和する薬を処方され様子を見ました。
その週末、夫婦揃って風邪の症状。こちらは2日ほどで治りました。
その頃次女も鼻水が出て苦しそうにはしていましたが、特に熱もなく機嫌も良いのでそのままに。

で、その2日後に入院となったわけです。

今思えば長女の風邪はRSウイルスだったんでしょうね…。

入院生活

処置しますので~と子供は連れていかれ、私は病室に案内され説明を受けました。
完母の乳児ですからね、そうですよ、付添い入院ですよ!

付添い入院の保護者には簡易ベットが用意されました。
寝心地最悪で足が飛び出るし、幅も狭すぎて寝返りはできません(笑)

マジかぁ~と1人げんなりしている所に次女が連れてこられました。
点滴をされ、外れないようテープでぐるぐる巻きにされた腕。
鼻づまりによる呼吸不全?で体内の酸素量が少なくなっていたらしく、チューブで酸素を送られました。
そして相変わらず高熱でぐったりしているのかとてもおとなしいのです。
なんとまぁ痛々しい姿。

初日は窒息の可能性があるとかで、授乳はしないように言われました。
具合が悪いのにお腹が空いて泣く→泣きつかれて寝る→泣く→疲れるを30分おきくらいに繰り返していました。
ギャンギャン泣いてるけど管が邪魔でで抱っこもうまくできません。そんなこんなで一睡もできませんでした( ;∀;)
栄養については点滴しているので問題なしとの事でした。

そして翌日朝には平熱に。本当に安心しました。
先生の回診のあと、やっと授乳ができました。
今までになく必死に飲む姿を見てちょっと切なくなりました。

母乳が止まる

さて、入院2日目には熱も下がり、酸素量も徐々に安定し。子供は順調に快方に向かっていました。
ところが!!3日目にして母乳が出なくなりました…。

授乳の時はどれくらい飲んだか確認するために体重を測っていました。
初日2日目は1回に100gほど飲んでいたのですが、3日目以降、80g…50g…40g…とどんどん飲む量が減っていきました。

母乳をあげてもあげても足りないのかずーっとグズグズしていて大変でした…。

順調に回復すれば5日目には退院できる予定…が、このまま退院したら脱水症状を起こしてしまうのでもっとたくさん飲めるようになるまで様子を見ましょうと言われました。
ここでやっと気が付きました。
もしかして子供が飲んでないんじゃなくて母乳出てないんじゃない!?

この日は土曜日。
即夫に電話して哺乳瓶ミルクを持ってきてもらいました。
もちろん医師にも許可をもらい、いざ100ml作ってくれてみました。

め…めちゃくちゃ飲んでる…(●^o^●)
ごきゅっと素晴らしい飲みっぷりでした!
ひさしぶりにお腹がいっぱいになったのか、そりゃあもうごきげんですよ!!

この頃は熱も下がり酸素量も安定し、肺の雑音もすっかりなくなり、あとは食事量がすくないがために点滴が外せない状態でした。
ミルクを足した翌日にはしっかり飲めているということで点滴と酸素を外し、念のため一晩様子を見て7日目にやっと退院できました。

ちなみに母乳が出なくなった原因…

付添い入院は食事が出ません。
なので毎食売店の菓子パンを食べていたのです。

長女の時から母乳はたくさん出ていたので、まさか自分が出なくなるなんて思ってもみませんでした。

食事ってやっぱり母乳に影響するんですね…。

入院生活満喫しました

入院したって事で、実家義実家はじめ親戚や友人など、本当に多くの方が心配してくださいました。
そして皆私にも「お母さん大変だったね」と労いの言葉をかけてくれました。

が、

私は全然大変ではありませんでした。

入院したのって、産後手伝いにきてくれていた義母実母が帰って1人で世話し始めて2週間たった頃です。
長女が高熱で保育園も行けず丸1週間看病してクタクタになった翌週です。

相当羽伸ばせました!!

だってだって!家事とイヤイヤ期真っ只中の長女の世話から解放され、次女の様子を見ながらダラダラ過ごす入院生活です。
付添い入院の母親の役目って子供のオムツ換えと授乳だけですよ。

久しぶりにモンハンに熱中しました(笑)

もうね、入院前は本当にクタクタだったんですよ…。
母乳は止まりましたが、私は(次女には申し訳ないけど)ゆっくり体を休める事ができました。

でもやっぱり子供がかわいそうなのでもう入院はしたくないかな。

あ、ちなみに母乳は退院後2週間ほどで元通りになりましたよ!

コメント

  • 母親失格さんへ

    小さな子供を入院させておいて
    全然反省も心配も感じられない文に
    ただただ不快。
    羽を伸ばせた?菓子パンで母乳が出なくなった?
    何言ってんの?って感じ。
    母親失格って自覚して
    今後、同じことを繰り返さないように
    していただきたいものです。

    • http://imairo.net/ imami

      こんにちは。
      コメントの承認、返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

      そうですね。退院後に書いた記事なので心配よりも安心した気持ちの方が前面に出てしまって、浮かれた文章ですね。
      こうしてコメントを頂いて初めて気が付きました。
      不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

      母親としては確かに未熟ですが、こうした失敗や経験を基にして子供と一緒に成長できればと思います。

      お叱りのコメントありがとうございました。

  • お疲れさまです

    現在二ヶ月半の子育てしています。こちらのブログ興味深く読ませていただいてます!お子さんの入院大変でしたね…月齢が低いと付き添い入院があるんですね…初めて知りました…。母子共にお疲れさまでした!これからも健康でありますように!

    • http://imairo.net/ imami

      こんにちは!コメントありがとうございます!

      2人目以降はどうしても上の子中心の生活になってしまうため、病気が心配で家に引きこもる・・・わけにはもちろんいかず、熱があっても外出せざるをえない場合も多いです。上の子も菌を持ち帰りますし。
      1歳になった最近も中耳炎と気管支炎で入院になるところでした。炎症を起こしやすい子なんでしょうか。

      ちなみに付添い入院ですが、隣の病室は5歳の男の子で付添い入院をされていました。病状と病院によるでしょうが未就園児は基本的に付添い入院だそうですよ・・。
      めちゃくちゃ元気(笑)でお母さん大変そうでしたよ。

      更新は相変わらず少ないですが今後ともイマイロ.netをよろしくお願いします!

新着記事

カテゴリー

タグクラウド

Twitter

Facebookページ