離乳食が進まない!うまくステップアップできない時の5つの対処法

育児

離乳食進んでますか?
我が家は長女の時はしょっちゅうつまづいていましたが、次女は食いしん坊で逆に心配なほど順調に進んでいます。

5~6ヶ月に離乳食を始め、7~9ヶ月、10~12ヶ月、1歳~1歳半と頃合いを見て食べ物の大きさややわらかさなどを変えてステップアップしていきます。

このステップアップがうまくいかない時に私が実践した対処法をまとめました。

りんごが食べたい赤ちゃん

ステップアップがうまくいかない

長女の離乳食は5ヶ月頃スタートしました。次女は7ヶ月間近とかなり遅れてスタートしました。

次女はなんでも口に入れてうまく噛めなくてもそのまま飲み込んでしまいます。案の定オエッてなりますが…(o´▽`o)
まぁそれならもう少し細かくしようか、で解決ですが大変だったのは長女です。
口に入れた時に少しでも違和感を感じるとペッと出してもう一切食べません。もう他の食材も食べません!いつでも食べるのはヨーグルトくらい。その食事はそれで終わりです。

ステップアップすると食べなくなるんです!!

でもそれではいつまでたっても離乳食が進みませんよね!小さいうちはそれで良くても月齢が進むにつれ食事からの栄養も必要になってきますから、しっかり食事を与えつつ食べる食材も増やすために本などを参考にしながら私なりに試行錯誤してどうにかこうにか進めました。

ちなみに長女は3歳5ヶ月現在、食事に関しては未だに問題アリです。かなり悩んでいますが、もう性格というか個性というかそういう事にして諦めつつあります(笑)
まぁそれはまた別のお話・・・。

うまくステップアップできない時の5つの対処法

得意な食材から進める

これは子供がよく食べる食材だけをステップアップすることです。
いつでもたべるおかゆだけ一段階ステップアップ!とか、バナナだけ!とか、そうして少し食べにくい舌触りにだんだん慣れさせていきます。

というか、みんなそうしてるんだと思いますが、私はズボラなのでステップアップひゃっほーい!と全部一気にやっちゃったんですよ。
ステップアップって例えばすりつぶしからみじん切りってかなり楽になるじゃないですか。だからつい・・・(´・ω・`)そうして失敗したわけです。

得意な食材に頼る

これといって特別な事でもないですが、よく食べる食材に食べない食材を少量混ぜます。
最初はすりおろしたり細か~いみじん切りにしたりあまり存在を感じないように混ぜ、食べるようなら徐々に増やしたり大きくしたりしていきます。味付けもできるだけ好きな味に。
「苦手な食材が入っている」という事よりも「そのメニュー好き!」と思わせる事が大切です。
その内苦手な食材が混ざっていると認識しても食べるようになります。
でも結局色んな食事を覚える事で味覚や好みも変わってきて、それではごまかせなくなったりもするんですけどね・・・。

くたくたに煮る

得意な食材もうまくいかない時!
もうとんでもなくやわらかくして形を大きくします。ひと噛みだけでも咀嚼の練習です。
ベビーフードも形は大きいですが具は本当に柔らかくできていますよね。ベビーフードは食べていたのでその柔らかさを参考にしました。

柔らかくといってもどれだけ煮たらいいかわからなかったので私は炊飯器で炊きました\(^o^)/
にんじんまるごと、玉ねぎ半分、大根など煮崩れない野菜を炊飯器にぶちこみ、ひたひたに水を入れてスイッチオン!
10分くらいしたら葉物を入れます。鮮やかな色は失われ見た目はあまりキレイではありませんが、この作戦はかなり有効でした。

味を変える

ちょっと味を変えると食べたりします。
まだ塩分がいらない月齢なら、出汁で煮たり、ミルクで和えたり、果汁で和えるのもいいですよ!
あとは気持ちが許せば塩をひとつまみ、しょうゆを1滴足してみたり。
塩分取ってもいい月齢以降ならしょうゆや塩を積極的に使ってみてください。
12ヶ月以降はケチャップやお味噌も使えます。
どうしても使う食材、特に野菜は固定化してくるので飽きずに食べれるように工夫してみましょう!

ステップアップは見送る

何しても食べないなら、それはまだステップアップの時じゃないと考えてステップアップは諦めます。
離乳食はあくまでごはんを食べる練習ですから、別にゆっくり進んでもいいじゃないですか。
ステップアップは諦めて今まで通りの食事で1週間くらい様子を見て再チャレンジしましょう。

そもそもwhoの指針と比べると日本は離乳食開始時期が他国より早く設定されているそうですよ。

ただし食べる食材は月齢に合わせて程々に増やしていくと良いと思います。そうする事で離乳食が進んでないがために心配になる栄養面などが解消されてマイペースで進められる気がしました。

いかがですか?
離乳食って本当に面倒くさいですが、どろどろのおかゆを口から垂らしながら一生懸命あむあむする可愛い可愛い姿を楽しめる期間は僅かです。

なんとか食べさせて進めなきゃ!!ではなくて、その時その時を噛みしめながらマイペースに進めていけるといいですね。

ごはんのスピード、長女と次女で足して2で割ってくれないかなぁ・・。

コメント

新着記事

カテゴリー

タグクラウド

Twitter

Facebookページ