次の出産に向けて!初産の出産レポート!

妊婦・出産

逆子も治ったし、もうすぐ臨月!

そんなわけで1人目の出産時を思い出して次の出産へ向けてイメトレ。

あっという間に産まれた長女。2人目も早いだろうと言われています。

・・・出産が怖くなっちゃうかな。

出産予定日前日の健診

長女の出産予定日は11月23日でした。

毎日ヒマを持て余していたので、1日8000歩を目標にして1時間くらいお散歩していたのですが、産まれる気配もありませんでした。
よくある「おしるし」とか「前駆陣痛」とか、胃がスッキリするとか、なぁんにもありませんでした。

さすがにお腹も大きくて運転も怖かったし、家から駅まで駅から病院まで各徒歩10分程度だったので、出産予定日前日の健診は電車で行きました。

この健診でも全然産まれる兆候がなく、内診ぐりぐりも痛い痛い・・・

先生はおっさん(失礼)だったんですが、
「これくらいで痛がってたら出産なんてできないよ」
「ちゃんと動いてるの?」

と、なんだかイヤミ~な言い方で言われました。

ムッカー!ってなりましたよ!
おっさん産んだ事あんのかよ!歩いてるわよ!って。

結局、今週中に産まれなかったら月曜日から誘発剤使って管理入院になりますので、月曜日に入院セット持って病院来てねって言われました。

まぁとにかく頭にきたので、その日は歩いて帰りました。

1時間くらいで帰れると思ってたけど意外と遠くて、結局2時間かかりました。

家についてクタクタ・・・健診は午前中、14時前に家に着いて、お昼ごはんも食べずにそのままお昼寝しちゃいました。

あら?陣痛?

ぐっすり寝て、16時頃にお腹がムズムズして起きました。
別に痛くもなんともない、張ってるわけでもない、なんとなくムズムズするんです。

少しすると収まったので、二度寝(笑)結局またお腹がムズムズして17時前に諦めて起きました。

これはもしかして陣痛の兆候?

とりあえず母親に電話、「明日の夜には産まれるかもねー」なんて言われました。
念のためムズムズの間隔をアプリで計る事にしました。

それから普通に晩ご飯を作り、夫が帰ってきて食べて・・・
19時頃には10分間隔になり、ムズムズも生理痛みたいな痛みに変わっていました。

それで皆さん、「陣痛来たら絶対わかるから」って言われた事ありません?

もう10分間隔で来てるわけなんですが、私は陣痛がこんなに余裕なわけないと思っていました。
う●こだと思って何度もトイレに入りました。

21時過ぎには完全に5分間隔になっていたのですがとりあえずお風呂に入りました。

22時過ぎ、一応5分間隔なので産院に電話
「5分間隔でお腹の痛みがあるんですが、陣痛ってこんなに余裕なんですか?
すると「余裕ならもう1度しっかり間隔を測って、2時間ほど様子を見てから電話してください」と言われました。

この時点でもまだう●こかもしれない…と思っていました(笑)

とりあえず病院に着いてからも長いだろうって事で、おにぎりを作って入院準備をしました。
23時頃には眠くなってきたので寝ようと思いましたが、当然お腹が気になって眠れない。

仕方なくダラダラとテレビを見ていたらー…痛いッ

突然お腹が痛いんですけど!!

慌てて間隔を測ってみたら2分間隔を切ってるじゃありませんか!
とにかく産院に電話!すぐに病院に向かいました。

これが24時頃。

産まれた!出産って余裕じゃん!

産院に向かう途中、母親に電話。完全に寝てた声。

「病院向かってるの?お母さんビール飲んじゃったしそんなにすぐには産まれないだろうから起きたら行くね。頑張って!」とエール。

20分ほどで病院へ。駐車場から病棟へ行くまでがつらいつらい…。なんとか休み休み到着。

まずは分娩室へ。ここで出産用の装いに着替え、子宮の開き具合やもろもろのチェック、陣痛室へ移動という流れになるようです。

この着替えもなかなかしんどいんですよ。
「慌てなくていいよー」なんて言われてもお腹痛いし早く分娩台に横になりたい…。

さて、いよいよ内診…

「あ、子宮口全開だね。赤ちゃんも降りてきてるしこのままいきんでいいよ!」

えー!?びっくり!そりゃ陣痛痛かったけど、何時間も続くもんじゃないの!?

よくわからないけどとにかく必死に、痛みと共にいきんで、痛くない時は休憩して…

途中、ぱしゃっと破水したのがわかりました。
「頭出てきたよ!触ってみるー?」と言われて触ってみたり。

長女

病院に着いて1時間半。予定日ピッタリ11月23日午前1時47分に2,750gの元気な女の子を無事出産しました!
もう終わり!?出産って思ったより余裕ジャン!!って思いましたよ!

髪の毛が黒々と生えていて、カピカピになっていたのが印象的でした。
身体は赤紫で思っていたより細くて弱弱しい。

私の赤ちゃん!超かわいい!感動!といった感情はそれほどなく(笑)
やっと終わったー!っていう安堵の気持ちでした。
終わってなかったんだけど…。

夫から母親に電話、「え?もう産まれちゃったの?お母さんビール飲んじゃったし眠いから明日でいいよね?
結局産まれる前とほぼ同じコメントをいただいたそうです。

夫両親にも報告、翌朝5時くらいに家を出てきてくれたらしく、車で5時間かかるにも関わらず市内に住む母親より早く面会に来てくれました(笑)

余裕の安産!と思ったら・・・

出産って、産んで終わりじゃないんですね。そのあとに色々と処置があるんですよ。

私の場合、卵膜とやらが古くなっていたために子宮内に残ってしまったそうです。
思えばこれを取る作業が一番痛かった…出産より痛かった!
しかも全然取れなくていつまでもやってるんですよ!

立ち合いをした夫が「見てられない…」と涙目になっていました。
そう、陣痛室をすっ飛ばしてしまったので夫には私の枕元しか居場所がなかったのです

ちなみに卵膜や胎盤は40週を過ぎるとどんどん古くなっていくそうです。
だから40週を過ぎると誘発で産むんだそうですよ。

それから初産婦のほとんどが恐怖している会陰切開

一応切ったらしいですよ。まったくわかりませんでしたが。
切ったんだけど間に合わなかったそうです。

助産師さんに細かくいっぱい裂けちゃったみたい♪とおちゃめに言われました。

この縫合、何回も麻酔を追加して3時間くらいかかりました。
最後は痛くて先生に暴言まがいの言葉をぶつけました。

結局、2時前に産んだのに処置が終わったのは7時頃でした…。
更に、お産が早すぎたせいで出血過多。1300cc出血して貧血になっているからと分娩台で休みました。

結局病室に移動したのは8時半。出産までは早かったのになぁ。

分娩台で休んでいる最中、早く産まれたらいいと思っていた私は助産師さんに「早く産まれたから安産ですよね?」と尋ねました。
「安産とは言えないね」と冷たく返されました。

ちなみに夫は邪魔なので途中で帰されていました(笑)

病室に移動しからも貧血のため動けないので、尿道に管を通され母子同室も先延ばしになりました。
母子同室になったのは2日後、自力でおしっこできるようになったのは3日後、う●こは4日後、ひどい痔になりました。

そういえば入院中に中学の同級生に会いました。
彼女は私の3日後に出産したのですが、36時間陣痛に苦しんで尾てい骨を骨折したそうです。
貧血の私とは別の理由で尿道に管が入っていました。管仲間(笑)

なんかもう同級生とは思えないほど老け込んでいました。大変だったんだな…。

私が安産でなかったのは出血のせいだと思うんだけど、陣痛で苦しまなかったし短時間で終わった分楽だったはず。

夫の役割

分娩台に横になってから、さぁいきんでいいよ!と言われてもすぐには出てこないし助産師さんも色々準備をしていたので、助産師さんの指示で腰やおしりを圧してくれました。

あとは横に立っていただけですが、一緒に命の誕生に立ち会った事で感動していたらしいですよ。(こっちは必死だから夫なんて見てられない)

はっきり言って陣痛中に腰をさすったり、パシリになるくらいしか夫の役割はないです。
でも大好きな夫がそばにいてくれるだけでうれしかったし心強かったし、なにより2人の子供の誕生の瞬間を共有できて本当によかったなぁと思います。

余談ですが私の父親は第一子である兄の出産時に立ち会ったそうですが、「気持ち悪かった。もう二度と立ち合いたくない。」と分娩室の外で待っていた母の両親に言い放ったそうです。
こういうクソみたいな男もいるんですね(笑)当然育児なんて全くしませんよ。
立ち合い出産で夫婦の絆が深まるかどうかは、夫のタイプ次第なんでしょうかね…。

次の出産に向けて

目標は出産予定日より早く産む事!

もうあんな痛い思いはしたくない。
お腹の子供次第なんだけど、なんとかして卵膜が新鮮なうちに出産したい!

あとバースプランに「会陰切開はすぐにしてほしい」と書きました。
ただ前回の出産の話をしたところ、「うちも間に合わないかもしれない」と言われてしまいました。

そんな…

ただし、経産婦なので前の子と同じくらいの大きさなら産道も開いているしもう裂けないとの事。
それを期待するしかない!

でも34週現在の推定体重が2,200g。長女の時は35週で1,800gだったんだよね…。

あと今回は上の子もいるので、入院中の子供の食事やファミサポの手配、多分夫実家に行くと思うのでペットシッターの手配など、臨月に入ったらする事がたくさんあります。
色々忘れると主にお姑さんに迷惑をかけてしまうことになるので抜け目なくやらなくては…。

出産直後はこんなにしんどいなら2人目なんて絶対いらない!って思いましたが、結局もう来月産まれるんですね。やっぱり怖いなぁ。
何にも知らなかった1人目の時より恐怖感は強いです。

でも楽しみな気持ちも大きい。これは1人目の時と変わりません。
今回は長女がお姉ちゃんになっていく姿も楽しみだなぁなんて思います。

どうにか無事、できれば楽に(笑)出産したいです。

コメント

新着記事

カテゴリー

タグクラウド

Twitter

Facebookページ