お中元もう贈った?できる妻のお中元マナー

家のこと

お中元の季節がやってきました。
皆さんはお中元贈っていますか?私は良妻ぶって夫実家に毎年贈っています。

別に今さら~っと思う方も多いと思いますが、私自身もおさらいのつもりでお中元のマナーをまとめました。

お中元とは?

お中元は日頃お世話になっている人へお礼や挨拶の気持ちを込めて贈り物をします。

昔々、中国では1月を「上元」、7月を「中元」、10月を「下元」とし、それぞれ15日に神様にお供え物をして身を清めた行事がありました。その習わしと「盂蘭盆会(お盆)」の習慣が重なり、親しい人にも贈り物をするという習慣になったのが今のお中元だそうです。
その流れからお中元は6月下旬~7月15日までに贈るものとされています。地方によっては旧盆にあたる8月初旬~8月15日までというところもあるそうですよ。贈り先の習慣を確認しておくと良いですよ。

お中元とお歳暮どちらか一方を贈る場合は、1年の感謝の気持ちとしてお歳暮を優先します。

お中元・夏ギフトを探す
各ショッピングサイトの特設サイトです

Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング セブンネット

お中元を贈る場合のマナー

贈る相手

両親、親戚、恩師、仕事の取引先、上司、習い事の先生など、お世話になった人でこれからも付き合いが続く人に贈ります。

相手が喪中であってもお中元とお歳暮は贈っても受け取ってもOKです。

贈る時期とのし書き

贈る時期は既述の通り、6月下旬~7月15日までに「御中元」ののしをつけて贈ります。地方によって8月初旬~8月15日までという場合もあり、贈り先に合わせる方がベターです。

先方に伺う日程や、贈り物の旬などによって贈る時期が遅くなってしまった場合はのしの表書きを変えて贈ります。

  • 7月16日~立秋(8月8日頃)なら「暑中御見舞」「暑中御伺」など
  • 立秋後(8月9日頃)~9月中旬なら「残暑御見舞」「残暑御伺」など

ちなみに友人や同僚などに贈る場合「お中元」「暑中見舞い」など、ひらがなを使った方が重々しくなくて良い場合もあります。

ふさわしい品物

特に贈ってはいけない品物はなし。かつては履物はタブーなんてこともあったそうですが、基本的に先方に喜ばれるものであればなんでも良いです。
先方に気に入ってもらえた場合は、毎年同じものを贈っても喜ばれます。

金額の目安

前年より安い品物を贈るのは失礼になります。また、お中元とお歳暮の両方を贈る場合はお歳暮よりやや安めの品物を選びます。

相場

  • 親戚・知人 3千円~4千円
  • 仲人や特別にお世話になった人 3千円~1万円
  • 上司や取引先関係 5千円前後
  • 習い事の先生や家庭教師 月謝と同額か半額程度

送り状

手渡しできない場合は、品物が先方に到着する前に送り状を送るのが正式なマナーです。
とはいえ、いまでは品物だけ贈る人が多いのではないでしょうか。結婚して初めてのお中元なら送り状を送った方がいいと思いますよ。最初にやらないともう絶対やらないので(笑)
内容は無機質でマニュアル的な文章よりも、感謝の気持ちと贈った品物について自分なりに言葉を選んで書く方がベターです。

お中元をいただいた場合のマナー

お返し

お中元は相手からの感謝の気持ちなのでお返しの必要はありません。

お礼状

お中元が届いてから遅くとも3日以内に届いた事を知らせるお礼状を送ります。お礼状は感謝の言葉とともに贈られた品物に対する具体的な感想を明記すると喜ばれます。

来年以降は断りたい場合

お礼状とともに「今後のお気づかいは無用です」と一言添えてお断りします。

我が家のお中元事情

うちでは夫実家にだけ贈っています。
長野に住んでいた頃は毎年「生わさび付きのそば」に決まっていました。
自分でわさびをすりおろすという大変面倒くさい品物(笑)ですが、そういった物は自分で買って食べるという機会もないのでそれなりに喜んでいただいたと思います。
しかし千葉に越してからというもの、品物が決まらず困っています。昨年はありきたりなゼリーの詰め合わせ、今年は夫実家のすぐ近所にいる義妹が出産したので、その子と一緒に食べられるよう桃にしました。で、手配したあとに気づいたけどまだ離乳食が始まる月齢ではありませんでした…。
そばも桃も大体3千円程度です。

送り状は送っていません。夫がメールでいつごろ届くとお知らせします。
届いたら夫にメールが来て、お盆に伺った際に感想などを聞かせてくれます。

毎年贈るものですから、両親や親戚ならあまり堅苦しくない方がいいなぁと個人的には思います。失礼にならない程度で、贈る方も贈られる方も負担にならないようにしたいですね!

コメント

新着記事

カテゴリー

タグクラウド

Twitter

Facebookページ