赤ちゃんが寝ない!夜たくさん寝るために乳児の生活リズムを作る6つのこと

育児

長女は新生児の頃から全然寝ない子でした(次女はよく寝ます)。
毎日とにかく寝不足!1日でも早く夜ゆっくり寝るために生活リズムを作る事に命がけでした。
育児書を読んだり保健師さんに相談したりして実践した事をまとめます。

ぐっすり眠れる日が1日も早く訪れますように。

眠っている赤ちゃん

寝ないってどれだけ寝ないのか

生後3ヶ月くらいまで、2時間続けて寝れた事はありませんでした。
何時間もかけて寝かしつけて、最大の難関はベッドに置くこと。
当然!ここでつまづく事がほとんど。(みんなそうだよね?)

何回もチャレンジしてやっとベッドに置けた!
さて、コーヒーブレイク。
寝ようか家事をしようか悩んでいるところで「びえ~ん!」起きました。

時間にして15分くらい。
まあ昼間はこんな感じです。これを1日5回くらい繰り返します。

夜も大体同じ時間に寝かしつけますが、1時間もせずに起きます。

添い乳なんかもしますが、乳首が外れた瞬間に起きちゃうので寝かしつけにはしませんでした。

もう本当に頭がおかしくなる程眠かったです。
すぐ起きる長女にイラついて噛みついた事もあります…。1回だけ。

生後1ヶ月から生活リズムを作るために集めた情報をすべて実践し、
生後4ヶ月くらいには朝昼2回のお昼寝が各2時間、夜もなんとか続けて2時間は寝るようになりました。
この頃には生活リズムがしっかりできていましたが、決まった時間に寝れるようになっただけで夜ぐっすり眠る事はできませんでした。

生活リズムができる=夜たくさん寝るわけではなかったのです…。
長女の場合は生活リズムが整っていないのではなく、1日通して睡眠時間が短い子だったんでしょうかね…。
もうホント、体力があるんですよ。泣き疲れて寝る…なんて経験した事ありません。

昼間よく眠て夜寝ない子は生活リズムを正せば夜ゆっくり寝られるようになるのではないでしょうか。

ちなみに長女が朝まで寝られるようになったのは1歳過ぎでした。
がんばったけど人並みでした(笑)

乳児の生活リズムを作る6つのこと

決まった時間に生活する
子供の就寝時間や授乳の時間はなかなか自分では管理できませんが、
起きる時間、散歩の時間、離乳食・食事の時間、お風呂の時間、などは親が決められますよね。
夜寝るのが遅くても、夜中何回起きても、朝は決まった時間に一度起こします。
決まった時間に過ごせば、そのうち就寝時間も決まってきます。
太陽の光を浴びる
人間の体内時計のリズムは、目から太陽の光を取り入れることで「リセット」されるらしいですよ!
人の体内時計は1日25時間なんだそうです。それを太陽の光を浴びる事で調整しているんだとか。
朝起きたら窓際に連れていって外の光を浴びせて赤ちゃんの体内時計をリセットしてあげましょう。
朝起きたら着替える
朝起きて外の光を浴びたら、大人が顔を洗って準備するのと同じように、濡らしたカーゼなどで顔を拭いて着替えます。
昼は元気に、夜は静かに過ごす
昼間はカーテンを開けて活動的に過ごし、夜は部屋を暗くして静かに過ごす。
赤ちゃんに昼と夜の違いを教えてあげましょう。
お昼寝中は部屋を暗くしない
お昼寝と夜寝(?)の区別をつけるために、お昼寝は明るいまま寝かせます。
たくさん寝てほしい気持ちもありますが生活音なども気にせずに過ごした方が良いです。
起きてしまったあとは無理に寝かせない。
夜9時までには就寝する
今時の赤ちゃん、大人に合わせて夜型の子も多いみたいですよ。
以前近所の公園で会った子は23時まで起きていると言っていました。
夜更かしは自律神経やホルモンバランスを乱す原因になります。
体の成長と休息のために必要不可欠な良質な睡眠は、早寝早起きのリズムを整えてこそ手に入れられるものです。
大人に合わせず、赤ちゃんのリズムを作ってあげてください。

大体3ヶ月頃から昼夜の区別がついてくるらしいですよ。
次女はどうしても長女の生活リズムに合わせなきゃいけないので、2ヶ月頃から夜きちんと眠るようになりました。
4ヶ月の今、夜の授乳は1回です。

育児書にはこんなふうに書いてありました。

赤ちゃん時代に作られた生活リズムは、将来の生活の基礎となるものです。
よいリズムを作る事が、その後の成長にも良い影響を与えることになります。

子供のためにも、早寝早起きの習慣を今のうちから覚えさせてあげたいですね。

我が家の生活リズム

参考になるかわかりませんが、晒します。

長女2歳7ヶ月、次女ヶ月の生活リズム

ちなみにこの中で、次女は30分くらいの仮眠のようなものが朝と夕方に2回あります。

長女が生後4ヶ月だった頃は夜9時から「1~2時間寝て起きる→寝かしつけに1~2時間かかる」この流れを夜の間3回は繰り返していました。
本当にキツかった・・・。

私が実践したところでは、毎日決まった時間に過ごす事、昼間活動的に過ごす事が結構重要な感じがしました。
個人差はありますが、はいはいしたり元気に動き回るようになると夜の睡眠時間がぐっと長くなりますよ。

明けない夜はない、止まない雨はない(笑)いつか絶対終わりがきます!

母ちゃんがんばれ!!!

コメント

新着記事

カテゴリー

タグクラウド

Twitter

Facebookページ